新型コロナウイルスがもたらした日本国内の変化

パソコンなどがオフィスに導入されて以来、世界の労働スタイルが大きく変わってしまいました。
これまで時間がかかってきた作業も、パソコンで効率化することによって、より簡単に、より正確に、より早いスピードで完了させられるようになってきております。
時代によって新しい労働スタイルが構築されていくのは仕方がないことですが、今回の新型コロナウイルスは、そのタイミングを数年単位で前倒しにしたともいわれております。

新型コロナウイルスによって、テレワークというスタイルが推奨されてきました。
テレワークには情報漏洩であったり、働き方そのもののスタンスが構築されておりませんので、手探りの状況でのスタートになりましたが、意外に多くの企業で会社のオフィスで作業をするのと同等レベルの仕事ができるとの意見が見られました。
会議などもテレビ電話などを使用すれば問題なく行えますし、あとは慣れてくれば、より高い精度で仕事ができるといった発見もありました。
また、他にもRobotic Process Automationサービスなどを積極的に取り入れることで、テレワークでの負担を軽減することができる事も知りました。
HRコボットなどは、特にスタッフの労力を軽減することができると話題となりました。

HRコボットの更に詳しい情報はコチラ